進研ゼミ小学講座「ハイブリッド」と「チャレンジタッチ」の違いはなに?

当ページのリンクには広告が含まれています。
進研ゼミ小学講座

この記事では、進研ゼミの「ハイブリッド」と「チャレンジタッチ」の違いを徹底比較!

進研ゼミ小学講座には、タブレット学習に特化した「チャレンジタッチ」と、紙の教材とタブレット学習を組み合わせた「ハイブリッド」の2つのスタイルがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較し、お子様に合った学習スタイルを見つけるヒントをご紹介します。

どちらのスタイルも、進研ゼミならではの充実したサポートや豊富なコンテンツで、お子様の学習を強力にサポートします。

しかし、学習スタイルやお子様の性格によって、どちらがより効果的なのかは異なります。

この記事では、2つのスタイルの徹底比較を通して、お子様に最適な学習スタイルを見つけるための情報を提供します。

公式サイト: 【進研ゼミ小学講座】進研ゼミの基本情報

目次

進研ゼミ小学講座「ハイブリッド」と「チャレンジタッチ」の違い

進研ゼミ チャレンジタッチとは

進研ゼミ チャレンジタッチは、ベネッセが提供する小学生向けのタブレット教材を中心とした通信教育コースです。2007年に開始され、現在では多くの子どもたちに利用されています。

チャレンジタッチの主な特徴は以下の通りです。

タブレット教材: 紙の教材ではなく、タブレット端末を使って学習します。インターネットに接続することで、動画やアニメーションなどを活用した、よりわかりやすく楽しい学習が可能です。

個別学習: 一人ひとりの理解度や進度に合わせた、個別カリキュラムで学習できます。苦手科目を克服したり、得意科目を伸ばしたりすることができます。

豊富なコンテンツ: 学習単元以外にも、ゲームやパズル、プログラミングなど、様々なコンテンツが用意されています。楽しみながら学習することができます。

保護者向けサポート: 学習状況や進捗状況を保護者が確認できる「おうちの方ページ」や、学習に関するアドバイスを提供する「おうちの方向けメールマガジン」など、保護者向けのサポート体制が充実しています。

チャレンジタッチの料金は、学年や受講コースによって異なりますが、月額5,000円程度からとなっています。

チャレンジタッチについて、詳しくは進研ゼミの公式サイトをご覧ください。

チャレンジタッチは、楽しみながら学習できる、子どもに人気の高い通信教育教材です。お子様の学習にチャレンジタッチを検討してみてはいかがでしょうか。

進研ゼミのチャレンジタッチでは、紙の教材は一切ないのですか?

進研ゼミ チャレンジタッチには、タブレット教材以外にも紙の教材がいくつか用意されています。

主な紙の教材は以下の通りです。

  • 実力アップ問題集: 学期ごとに1冊届く問題集です。チャレンジタッチで学習した内容の理解度を確認することができます。
  • テスト100点問題集: テスト対策用の問題集です。学校のテストで100点を取れるようにするための演習問題が収録されています。
  • 思考力トレーニング: 思考力や問題解決能力を養うための問題集です。チャレンジタッチでは体験できないような、より高度な問題に取り組むことができます。
  • その他: 上記以外にも、学年や受講コースによっては、漢字ドリルや作文ドリルなどの紙教材が用意されている場合があります。

紙の教材は、タブレット教材で学習した内容を復習したり、理解を深めたりするのに役立ちます。また、タブレット教材では体験できないような、紙ならではの学習方法を体験することができます。

チャレンジタッチでは、タブレット教材紙の教材を組み合わせることで、より効果的な学習が可能になっています。

進研ゼミ チャレンジタッチを申込んだ際に届く教材の内容は

進研ゼミ チャレンジタッチを申込んだ際に届く教材内容は、学年受講コースによって異なりますが、タブレット端末紙の教材が基本となります。

タブレット端末には、以下の内容がインストールされています。

  • メインレッスン: 国語、算数、英語、理科、社会などの主要科目を学習するコンテンツです。動画やアニメーションなどを活用した、わかりやすく楽しい学習が可能です。
  • 赤ペン先生: 提出した課題を先生が添削指導してくれるコンテンツです。書き込み式のデジタル教材で、個別指導を受けることができます。
  • その他: 上記以外にも、漢字ドリル、計算ドリル、プログラミング学習、英語学習など、様々なコンテンツが用意されています。

紙の教材には、以下の内容が含まれています。

  • 実力アップ問題集: 学期ごとに1冊届く問題集です。チャレンジタッチで学習した内容の理解度を確認することができます。
  • テスト100点問題集: テスト対策用の問題集です。学校のテストで100点を取れるようにするための演習問題が収録されています。
  • 思考力トレーニング: 思考力や問題解決能力を養うための問題集です。チャレンジタッチでは体験できないような、より高度な問題に取り組むことができます。
  • その他: 上記以外にも、学年や受講コースによっては、漢字ドリルや作文ドリルなどの紙教材が用意されている場合があります。

具体的な教材内容は、進研ゼミの公式サイトで確認することができます。

公式サイト: 【進研ゼミ小学講座】進研ゼミの基本情報

以下は、2024年度小学1年生チャレンジタッチベーシックコースの例です。

タブレット端末:

  • メインレッスン
  • 赤ペン先生
  • 漢字ドリル
  • 計算ドリル
  • ひらがな・カタカナドリル
  • おやこでいっしょ!たのしいパズル
  • チャレンジタッチでできる!はじめてプログラミング

紙の教材:

  • 実力アップ問題集(春・秋)
  • テスト100点問題集(2回)
  • 思考力トレーニング(2回)
  • はじめての漢字ポスター
  • ひらがな・カタカナポスター

上記はあくまで一例であり、実際の教材内容は変更になる場合があります。

詳しくは、進研ゼミの公式サイトまたは資料請求にてご確認ください。

公式サイト: 【進研ゼミ小学講座】進研ゼミの基本情報

進研ゼミのハイブリッドとは

進研ゼミのハイブリッドは、タブレット教材紙の教材を組み合わせた学習スタイルの通信教育コースです。2021年に開始され、従来の紙の教材を中心としたコースに加え、新しい学習スタイルとして注目されています。

ハイブリッドの主な特徴は以下の通りです。

  • 紙の教材とタブレット教材のいいとこどり:紙の教材で基礎固めを行い、タブレット教材で理解を深めます。
  • 一人ひとりに合わせた学習: 一人ひとりの理解度や進度に合わせた、個別カリキュラムで学習できます。
  • 豊富なコンテンツ: タブレット教材には、動画やアニメーションなどを活用した、わかりやすく楽しいコンテンツが収録されています。
  • 保護者向けサポート: 学習状況や進捗状況を保護者が確認できる「おうちの方ページ」や、学習に関するアドバイスを提供する「おうちの方向けメールマガジン」など、保護者向けのサポート体制が充実しています。

ハイブリッドは、紙の教材で学習するのが好きなお子様や、じっくりと書き込みながら学習したいお子様におすすめです。また、学校の教科書に沿った学習スタイルを希望するご家庭にもおすすめです。

ハイブリッドについて、詳しくは進研ゼミの公式サイトをご覧ください。

以下は、ハイブリッドの具体的な学習内容の例です。

小学3年生の例:

  • 紙の教材: 国語、算数、理科、社会、漢字、作文
  • タブレット教材: メインレッスン、赤ペン先生、チャレンジタッチでできる!はじめてプログラミング

ハイブリッドは、紙の教材タブレット教材メリットを活かした、効果的な学習スタイルです。

進研ゼミのハイブリッドと チャレンジタッチの違いは?

進研ゼミのハイブリッドチャレンジタッチは、どちらも小学生向けの通信教育コースですが、いくつかの違いがあります。

1. 学習スタイル

  • ハイブリッド: 紙の教材とタブレット教材を組み合わせた学習スタイルです。紙の教材で基礎固めを行い、タブレット教材で理解を深めます。
  • チャレンジタッチ: タブレット教材を中心とした学習スタイルです。動画やアニメーションなどを活用した、わかりやすく楽しい学習が可能です。

2. 教材

  • ハイブリッド: 紙の教材とタブレット教材の両方が届きます。紙の教材には、教科書に沿った内容や、書き込み式の演習問題などが収録されています。タブレット教材には、動画やアニメーションなどを活用した、理解を深めるためのコンテンツが収録されています。
  • チャレンジタッチ: タブレット端末と、学年やコースによっては紙の教材が届きます。タブレット端末には、メインレッスン、赤ペン先生、その他様々なコンテンツがインストールされています。紙の教材には、実力アップ問題集、テスト100点問題集、思考力トレーニングなどが含まれています。

3. 料金

  • ハイブリッド: チャレンジタッチよりも料金が高めです。これは、紙の教材の印刷や配送にかかるコストが加算されるためです。
  • チャレンジタッチ: ハイブリッドよりも料金が安めです。

4. おすすめのタイプ

  • ハイブリッド: 紙の教材で学習するのが好きなお子様や、じっくりと書き込みながら学習したいお子様におすすめです。また、学校の教科書に沿った学習スタイルを希望するご家庭にもおすすめです。
  • チャレンジタッチ: タブレット端末を使った学習が好きなお子様や、楽しみながら学習したいお子様におすすめです。また、新しい学習方法を取り入れたいご家庭にもおすすめです。

以下は、ハイブリッドとチャレンジタッチの比較表です。

項目ハイブリッドチャレンジタッチ
学習スタイル紙の教材とタブレット教材の組み合わせタブレット教材を中心とした学習
教材紙の教材とタブレット教材タブレット端末と、学年やコースによっては紙の教材
料金高め安め
おすすめのタイプ紙の教材で学習するのが好きなお子様、じっくりと書き込みながら学習したいお子様、学校の教科書に沿った学習スタイルを希望するご家庭タブレット端末を使った学習が好きなお子様、楽しみながら学習したいお子様、新しい学習方法を取り入れたいご家庭

進研ゼミのハイブリッドとチャレンジタッチのそれぞれの料金は

進研ゼミのハイブリッドとチャレンジタッチの料金は、学年受講コース支払い方法によって異なります。

2024年5月現在の主な料金プランは以下の通りです。

ハイブリッド

  • 小学1年生: 月額7,140円~
  • 小学2年生: 月額7,140円~
  • 小学3年生: 月額7,190円~
  • 小学4年生: 月額7,240円~
  • 小学5年生: 月額7,390円~
  • 小学6年生: 月額7,490円~

チャレンジタッチ

  • 小学1年生: 月額6,890円~
  • 小学2年生: 月額6,890円~
  • 小学3年生: 月額6,890円~
  • 小学4年生: 月額6,990円~
  • 小学5年生: 月額7,090円~
  • 小学6年生: 月額7,190円~

上記はあくまでも目安であり、実際の料金は上記表とは異なる場合があります。

以下は、ハイブリッドとチャレンジタッチの料金プランの比較表です。

項目ハイブリッドチャレンジタッチ
料金月額7,140円~月額6,890円~
支払い方法12か月一括払い、6か月一括払い、2か月払い12か月一括払い、6か月一括払い、2か月払い
特典早期入会特典、継続特典早期入会特典、継続特典

ハイブリッドは、チャレンジタッチよりも料金が高めですが、紙の教材タブレット教材に加えて届きます。チャレンジタッチは、ハイブリッドよりも料金が安めですが、紙の教材学年コースによっては一部のみとなります。

どちらのコースがご家庭に合っているかは、お子様の学習スタイルやご家庭の予算などを考慮して決めることをおすすめします。

進研ゼミでは、無料体験資料請求も利用することができますので、詳しくは進研ゼミの公式サイトをご確認ください。

違いを詳しく知るには資料請求がおすすめ!

進研ゼミのハイブリッドチャレンジタッチについて詳しく知るには、資料請求をするのがおすすめです。

進研ゼミの公式サイトから、資料請求することができます。

ハイブリッドチャレンジタッチについて詳しく知りたい方!
こちらのページから、入会申込み又は資料請求のどちらもできます。
公式サイト: 【進研ゼミ小学講座】進研ゼミの基本情報

資料請求の際には、お子様の学年名前住所などの情報を入力する必要があります。

資料請求の申し込みをしてから4日ほどで、進研ゼミから資料が送られてきます。
資料には、ハイブリッドとチャレンジタッチの詳細な情報や、料金お申し込み方法などが記載されています。

資料請求は、無料何度でもすることができます。ハイブリッドチャレンジタッチについてじっくり検討したい方は、資料請求で送られてくるパンフレットを見ながらご検討されることをおすすめします。

【まとめ】進研ゼミのハイブリッドとチャレンジタッチの違いはなに?

進研ゼミの「ハイブリッド」と「チャレンジタッチ」は、それぞれ異なる特徴とメリット・デメリットがあります。どちらのスタイルが最適かは、お子様の学習スタイルや性格、ご家庭の環境によって異なります。

「ハイブリッド」は、紙の教材とタブレット学習を組み合わせることで、「書く」「読む」「聞く」「話す」の4つの学習活動をバランスよく学習することができます。また、紙の教材に書き込みや付箋を貼ることで、より深い理解を促進することができます。

「チャレンジタッチ」は、タブレット学習に特化することで、場所や時間に縛られずに学習することができます。また、ゲーム感覚で学習を進めることができるため、学習意欲を高める効果があります。

どちらのスタイルも、進研ゼミならではの充実したサポートや豊富なコンテンツで、お子様の学習を強力にサポートします。

ご家庭で話し合い、お子様に合った学習スタイルを選んでください。

進研ゼミでは、無料体験もご用意しておりますので、ぜひ一度お試しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次