大学受験の小論文対策|小論文の上達方法は、添削と修正が重要!

当ページのリンクには広告が含まれています。
小論文対策

大学受験では、小論文が重視される傾向にあります。特に、文系学部や総合型選抜(AO入試・推薦入試)では、小論文の得点が合否を左右することもあります。

小論文は、書き方や構成が難しく、なかなか上達しないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、小論文上達の基本である「書き方のコツ」と「添削と修正の重要性」について、詳しく解説します。

記事のポイント
  • 小論文の上達には、添削と修正が重要である。
  • 自分で書いた小論文を客観的に見るためには、第三者に添削してもらうことが有効。
  • 添削では、論理展開や構成、表現などの観点から、改善点を指摘してもらう。
  • 修正では、指摘された点を踏まえて、文章を書き直す。
  • 添削と修正を繰り返し行うことで、小論文の書き方が身につく。
目次

大学受験の小論文対策

大学受験の小論文を対策する

小論文対策とは

小論文対策とは、大学入試や就職試験などで出題される小論文の得点力を高めるための取り組みです。

小論文では、課題文やテーマを正しく理解し、自分の意見を論理的に展開する力が求められます。そのため、小論文対策では、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

1.課題文やテーマの理解

小論文では、まず課題文やテーマを正しく理解することが大切です。課題文やテーマの意味や背景を理解し、出題者の意図を把握する必要があります。

課題文やテーマを理解するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマを何度も読み、内容を理解する
  • 課題文やテーマから問われていること、求められていることを明確にする

2.自分の意見の明確化

小論文では、自分の意見を明確に述べることが求められます。意見が曖昧だったり、結論がブレてしまったりすると、減点の対象となります。

自分の意見を明確にするためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマについて、自分の考えを整理する
  • 自分の考えを根拠に基づいて説明できるようにする

3.論理的な文章の組み立て

小論文では、論理的に文章を組み立てることが大切です。主張と根拠を明確に示し、論理的に文章を展開することで、説得力のある小論文を書くことができます。

論理的な文章を組み立てるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 序論で課題文やテーマを要約し、自分の意見を述べる
  • 本論で自分の意見を論理的に展開する
  • 結論で自分の意見をまとめる

小論文対策には、以下の方法があります。

  • 参考書や問題集を活用する

参考書や問題集を活用することで、小論文の書き方や構成を学ぶことができます。また、過去問演習を通して、自分の実力を把握することもできます。

  • 添削を受ける

添削を受けると、第三者の目で自分の文章の改善点や、気づかなかった論理の矛盾などを指摘してもらえます。

  • 小論文講座を受講する

小論文講座では、小論文の書き方や構成を体系的に学ぶことができます。また、講師から直接アドバイスを受けることで、効率的に小論文力をアップさせることができます。

小論文対策は、早めに始めることが大切です。また、自分の志望校や学部に合わせた対策を行うことも重要です。

最近の大学受験で小論文が重要視されている理由

最近の大学受験では小論文が重要視される傾向があります。その理由は、大きく分けて以下の3つです。

1.大学教育の多様化

近年、大学教育は多様化が進んでいます。従来の知識・技能の習得だけでなく、思考力・判断力・表現力などの総合的な力を身につけることが求められるようになっています。小論文は、これらの力を測定するのに適した試験と言えます。

2.社会の変化に対応できる人材の育成

現代社会は、グローバル化や情報化など、急速な変化が求められています。このような社会に対応できる人材を育成するために、大学では、多様な価値観や意見を理解し、自分の考えを論理的に展開できる力を備えた人材を求めています。小論文は、このような力を測定するのに適した試験と言えます。

3.選抜方法の多様化

近年、大学入試は、学力検査だけでなく、面接や小論文などの総合型選抜(AO入試・推薦入試)の比率が高まっています。総合型選抜では、学力だけでなく、人間性や主体性なども評価されます。小論文は、これらの力を測定するのに適した試験と言えます。

具体的には、以下のような大学で小論文が重視されています。

  • 文系学部
  • 社会学部
  • 経済学部
  • 法学部
  • 教育学部
  • 国際系学部
  • 総合系学部

これらの学部では、思考力・判断力・表現力などの力を重視しており、小論文でこれらの力を測定しています。

小論文対策は、大学受験の合格を左右する重要なポイントと言えます。早めに対策を始め、自分の志望校や学部に合わせた対策を行うことが大切です。

小論文対策のポイントは何?

小論文対策のポイントは、大きく分けて以下の3つです。

1.課題文やテーマの理解

小論文では、まず課題文やテーマを正しく理解することが大切です。課題文やテーマの意味や背景を理解し、出題者の意図を把握する必要があります。

課題文やテーマを理解するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマを何度も読み、内容を理解する
  • 課題文やテーマから問われていること、求められていることを明確にする

2.自分の意見の明確化

小論文では、自分の意見を明確に述べることが求められます。意見が曖昧だったり、結論がブレてしまったりすると、減点の対象となります。

自分の意見を明確にするためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマについて、自分の考えを整理する
  • 自分の考えを根拠に基づいて説明できるようにする

3.論理的な文章の組み立て

小論文では、論理的に文章を組み立てることが大切です。主張と根拠を明確に示し、論理的に文章を展開することで、説得力のある小論文を書くことができます。

論理的な文章の組み立てるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 序論で課題文やテーマを要約し、自分の意見を述べる
  • 本論で自分の意見を論理的に展開する
  • 結論で自分の意見をまとめる

小論文対策には、以下の方法があります。

  • 参考書や問題集を活用する

参考書や問題集を活用することで、小論文の書き方や構成を学ぶことができます。また、過去問演習を通して、自分の実力を把握することもできます。

  • 添削を受ける

添削を受けると、第三者の目で自分の文章の改善点や、気づかなかった論理の矛盾などを指摘してもらえます。

  • 小論文講座を受講する

小論文講座では、小論文の書き方や構成を体系的に学ぶことができます。また、講師から直接アドバイスを受けることで、効率的に小論文力をアップさせることができます。

小論文対策は、早めに始めることが大切です。また、自分の志望校や学部に合わせた対策を行うことも重要です。

具体的な対策方法としては、以下のようなことを意識するとよいでしょう。

  • 毎日、小論文を書く練習をする

小論文は、書けば書くほど上達します。毎日、1時間程度でもいいので、小論文を書く練習をしましょう。

  • 自分の考えを論理的にまとめる力を身につける

小論文では、自分の考えを論理的にまとめる力が求められます。自分の考えを論理的にまとめる練習をするためには、日頃から、ニュースや時事問題について、自分の考えをまとめる練習をしましょう。

  • 第三者の意見を参考にする

自分の書いた小論文を、第三者の人に読んでもらうと、客観的な意見をもらうことができます。添削を受けるなどして、第三者の意見を参考にしましょう。

これらの対策をしっかりと行うことで、小論文力をアップさせ、合格に近づくことができます。

小論文の上達方法

小論文上達の基本は、まず、書き方のコツを押さえることです

小論文の書き方のコツは、大きく分けて以下の3つです。

1.課題文やテーマを正しく理解する

小論文では、まず課題文やテーマを正しく理解することが大切です。課題文やテーマの意味や背景を理解し、出題者の意図を把握する必要があります。

課題文やテーマを理解するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマを何度も読み、内容を理解する
  • 課題文やテーマから問われていること、求められていることを明確にする

2.自分の意見を明確にする

小論文では、自分の意見を明確に述べることが求められます。意見が曖昧だったり、結論がブレてしまったりすると、減点の対象となります。

自分の意見を明確にするためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマについて、自分の考えを整理する
  • 自分の考えを根拠に基づいて説明できるようにする

3.論理的に文章を組み立てる

小論文では、論理的に文章を組み立てることが大切です。主張と根拠を明確に示し、論理的に文章を展開することで、説得力のある小論文を書くことができます。

論理的に文章を組み立てるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 序論で課題文やテーマを要約し、自分の意見を述べる
  • 本論で自分の意見を論理的に展開する
  • 結論で自分の意見をまとめる

これらの書き方のコツを押さえることで、小論文の書き方の基本を身につけることができます。

小論文の上達には、添削と修正が重要です

小論文の上達には、添削と修正が重要です。

自分で書いた小論文は、どうしても自分の癖や誤りが見えにくいものです。第三者の目で客観的に添削してもらうことで、自分の文章の改善点や、気づかなかった論理の矛盾などを指摘してもらえます。

添削を受ける際には、以下の点に注意しましょう。

  • 添削を依頼する相手に、自分の志望校や学部を明確に伝える
  • 添削してもらった小論文は、必ず自分の目で読み直して、指摘された点について理解する

添削と修正を繰り返すことで、自分の文章をより客観的に捉え、改善していくことができます。

具体的には、以下のような点に注意して添削を受けましょう。

  • 課題文やテーマの理解

課題文やテーマを正しく理解できているか、論理的に展開できているかを確認しましょう。

  • 自分の意見の明確化

自分の意見が論理的かつ具体的に述べられているかを確認しましょう。

  • 論理的な文章の組み立て

主張と根拠が明確に示されており、論理的に文章が展開されているかを確認しましょう。

  • 表現力

読みやすい文章になっているか、誤字脱字がないかを確認しましょう。

添削を受けることで、自分の小論文の得意な点と苦手な点が明確になります。苦手な点を克服するためには、以下のような方法があります。

  • 書く練習を増やす

書く練習をすることで、表現力や論理的な文章の組み立て力が身につきます。

  • 参考書や問題集を活用する

参考書や問題集を活用することで、小論文の書き方の基本や論理的な文章の組み立て方を学ぶことができます。

  • 小論文講座を受講する

小論文講座を受講することで、プロの講師から直接指導を受けることができます。

添削と修正を繰り返し、自分の小論文力をアップさせましょう。

具体的な対策方法として、第三者の意見を大切にすること

小論文の対策方法として、第三者の意見を大切にすることは、とても重要です。

自分で書いた小論文は、どうしても自分の癖や誤りが見えにくく、客観的に評価することが難しいものです。第三者の目で客観的に評価してもらうことで、自分の文章の改善点や、気づかなかった論理の矛盾などを指摘してもらえます。

具体的には、以下の点が大切です。

  • 添削を依頼する相手に、自分の志望校や学部を明確に伝える

添削を依頼する相手は、大学受験や小論文の指導に慣れている人であれば、誰でもよいわけではありません。志望校や学部に詳しい人に添削してもらうことで、より具体的なアドバイスをもらうことができます。

  • 添削してもらった小論文は、必ず自分の目で読み直して、指摘された点について理解する

添削を受けただけでは、自分の文章がどのように改善されたのかを理解するのは難しいものです。添削してもらった小論文は、必ず自分の目で読み直して、指摘された点について理解するようにしましょう。

  • 指摘された点は、すぐに修正する

添削で指摘された点は、すぐに修正するようにしましょう。修正を繰り返すことで、自分の文章力が向上していきます。

第三者の意見を大切にすることで、自分の小論文の得意な点と苦手な点が明確になります。苦手な点を克服するためには、以下のような方法があります。

  • 書く練習を増やす

書く練習をすることで、表現力や論理的な文章の組み立て力が身につきます。

  • 参考書や問題集を活用する

参考書や問題集を活用することで、小論文の書き方の基本や論理的な文章の組み立て方を学ぶことができます。

  • 小論文講座を受講する

小論文講座を受講することで、プロの講師から直接指導を受けることができます。

第三者の意見を大切にしながら、自分の小論文力をアップさせましょう。

よくある質問

大学入試で小論文が課されるのはなぜですか?

大学入試で小論文が課されるのには、以下の3つの理由があります。

1.学科試験だけではわからない受験生の思考力・表現力を評価するため

学科試験では、受験生の知識や理解度を測ることができますが、思考力や表現力は直接的に測ることができません。小論文は、与えられたテーマについて自分の意見を論理的に展開する文章であるため、受験生の思考力や表現力を評価するのに適した試験形式と言えます。

  1. 大学で学ぶための基礎的な力を評価するため

大学では、レポートや論文の作成など、自分の考えを論理的にまとめる力が求められます。小論文は、そのような力を養うための基礎的な力を評価するのに適した試験形式と言えます。

  1. 受験生の人間性や志望動機を評価するため

小論文には、受験生の考え方や価値観、人間性が表れます。そのため、小論文を通じて受験生の人間性や志望動機を評価することもできます。

具体的には、小論文では、以下の要素が評価されます。

  • 論理性:自分の意見を論理的に展開できているか
  • 説得力:自分の意見に説得力を持たせることができているか
  • 表現力:自分の考えをわかりやすく表現できているか
  • 応用力:与えられたテーマを理解し、自分の意見を展開できているか
  • 自己表現力:自分の考えや価値観を表現できているか

小論文は、大学入試において重要な試験科目の一つです。小論文対策をしっかりと行い、大学入試で高得点を取るようにしましょう。

大学入試の小論文では何を書くべきですか?

大学入試の小論文では、以下の3つのことを書く必要があります。

1.テーマの概要を理解する

まず、与えられたテーマをしっかりと理解することが大切です。テーマの意味や背景、問題点などを理解することで、自分の意見を展開するための材料を収集することができます。

2.自分の意見を明確にする

テーマを理解したら、自分の意見を明確にしましょう。自分の意見は、テーマに対する賛成・反対、どちらでも構いません。ただし、無難な意見ではなく、自分の考えに基づいた意見を述べることが大切です。

3.自分の意見を論理的に展開する

自分の意見を論理的に展開するためには、根拠や具体例を挙げることが重要です。根拠や具体例を挙げることで、自分の意見に説得力を持たせることができます。

具体的には、以下の流れで小論文を書いていくことができます。

1.序論

序論では、テーマの概要を述べ、自分の意見を簡単に示します。

2.本論

本論では、自分の意見を論理的に展開します。根拠や具体例を挙げながら、自分の意見をわかりやすく説明しましょう。

3.結論

結論では、自分の意見を簡潔にまとめます。

また、小論文を書く際には、以下のことに注意しましょう。

  • 字数制限を守る
  • 論理的な文章を書く
  • 誤字脱字をなくす

小論文は、大学入試において重要な試験科目の一つです。小論文対策をしっかりと行い、大学入試で高得点を取るようにしましょう。

小論文を書くのに必要な力は何ですか?

小論文を書くために必要な力は、大きく分けて以下の4つです。

1.読解力

小論文では、与えられたテーマを正しく理解し、自分の意見を論理的に展開する必要があります。そのためには、与えられたテーマを客観的に読み取り、その背景や問題点を理解する読解力が必要です。

2.論理的思考力

自分の意見を論理的に展開するためには、論理的思考力が必要です。論理的思考力とは、物事を順序立てて考え、筋道立てて表現する力です。

3.表現力

自分の考えをわかりやすく伝えるためには、表現力が必要です。表現力とは、自分の考えを的確に、かつわかりやすく伝える力です。

4.自己表現力

小論文では、自分の考えや価値観を表現することも求められます。そのためには、自己表現力が必要です。自己表現力とは、自分の考えや価値観を自分の言葉で表現する力です。

これらの力を身につけるためには、日頃からニュースや時事問題を読み、自分の意見を持ち、それを論理的に展開する練習をすることが大切です。また、小論文の書き方や構成を学ぶことも効果的です。

具体的には、以下のことに取り組んでみましょう。

  • ニュースや時事問題を読み、自分の意見を持つ
  • 自分の意見を論理的に展開する練習をする
  • 小論文の書き方や構成を学ぶ

小論文は、大学入試や就職活動など、さまざまな場面で求められるスキルです。これらの力を身につけ、さまざまな場面で自分の考えを論理的に表現できるようにしましょう。

以下に、それぞれの力について、もう少し詳しく説明します。

読解力

読解力とは、文章を正確に理解する力です。小論文では、与えられたテーマを正しく理解し、自分の意見を論理的に展開する必要があります。そのためには、文章の意味や背景、問題点などを理解する読解力が必要です。

読解力を鍛えるためには、日頃からニュースや時事問題を読み、自分の意見を持つことが大切です。ニュースや時事問題を読むときは、文章の意味や背景、問題点などを理解するようにしましょう。また、自分の意見を持つことで、文章をより深く理解することができます。

論理的思考力

論理的思考力とは、物事を順序立てて考え、筋道立てて表現する力です。自分の意見を論理的に展開するためには、論理的思考力が必要です。

論理的思考力を鍛えるためには、論理的な文章を読むことが大切です。論理的な文章を読むときは、文章の構造や論理の流れを理解するようにしましょう。また、自分の意見を論理的に展開する練習をすることも効果的です。

表現力

表現力とは、自分の考えを的確に、かつわかりやすく伝える力です。自分の考えをわかりやすく伝えるためには、表現力が必要です。

表現力を鍛えるためには、自分の考えを文章で表現する練習をすることが大切です。文章を書くときは、論理的思考力を活かして、自分の考えをわかりやすく伝えるようにしましょう。また、語彙力や文法力も重要です。

自己表現力

自己表現力とは、自分の考えや価値観を自分の言葉で表現する力です。小論文では、自分の考えや価値観を表現することも求められます。

自己表現力を鍛えるためには、自分の考えや価値観を深く理解することが大切です。自分の考えや価値観を深く理解することで、自分の言葉で表現しやすくなります。また、自分の考えを他の人と共有する機会を持つことも効果的です。

小論文を書くためには、これらの力をバランスよく身につけることが大切です。日頃から意識して練習を積み重ねることで、小論文力を高めることができます。

小論文を書く上で大切なことは何ですか?

小論文を書く上で大切なことは、大きく分けて以下の3つです。

1.課題文やテーマを正しく理解する

小論文では、まず課題文やテーマを正しく理解することが大切です。課題文やテーマの意味や背景を理解し、出題者の意図を把握する必要があります。

課題文やテーマを理解するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマを何度も読み、内容を理解する
  • 課題文やテーマから問われていること、求められていることを明確にする

2.自分の意見を明確にする

小論文では、自分の意見を明確に述べることが求められます。意見が曖昧だったり、結論がブレてしまったりすると、減点の対象となります。

自分の意見を明確にするためには、以下の点に注意しましょう。

  • 課題文やテーマについて、自分の考えを整理する
  • 自分の考えを根拠に基づいて説明できるようにする

3.論理的な文章の組み立て

小論文では、論理的に文章を組み立てることが大切です。主張と根拠を明確に示し、論理的に文章を展開することで、説得力のある小論文を書くことができます。

論理的な文章の組み立てるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 序論で課題文やテーマを要約し、自分の意見を述べる
  • 本論で自分の意見を論理的に展開する
  • 結論で自分の意見をまとめる

これらのポイントを押さえることで、小論文を書く上での基本的な力を身につけることができます。

また、小論文を書く上で、以下の点も意識するとよいでしょう。

  • 具体的な事例やデータなどを用いて、自分の意見を裏付ける
  • 誤字脱字や言葉遣いなどのミスに注意する
  • 読みやすい文章になるように、段落分けや句読点を適切に使う

小論文は、書けば書くほど上達します。日頃から、ニュースや時事問題について、自分の考えをまとめる練習をしておきましょう。

小論文でやってはいけないことは何ですか?

小論文でやってはいけないことは、大きく分けて以下の3つです。

1.課題文やテーマを理解しないまま書く

小論文では、課題文やテーマを理解することが最も重要です。課題文やテーマを理解していないまま書くと、論理的な文章を書くことができません。

2.自分の意見を明確にしない

小論文では、自分の意見を明確に述べることが求められます。自分の意見が曖昧だったり、結論がブレてしまったりすると、減点の対象となります。

3.論理的に文章を組み立てない

小論文では、論理的に文章を組み立てることが大切です。主張と根拠を明確に示し、論理的に文章を展開することで、説得力のある小論文を書くことができます。

これらのポイントを押さえることで、小論文でやってはいけないことを避けることができます。

また、小論文を書く上で、以下の点も注意しましょう。

  • 文字数オーバーや文字数不足に注意する
  • 一般論や抽象的な表現に陥らない
  • 自分の経験や主観的な意見を述べない

小論文は、書けば書くほど上達します。日頃から、ニュースや時事問題について、自分の考えをまとめる練習をしておきましょう。

具体的なNG例としては、以下のようなことがあります。

  • 課題文やテーマを理解していないまま、自分の考えを述べる
  • 自分の意見が曖昧だったり、結論がブレていたりする
  • 主張と根拠が明確に示されていない
  • 論理的な展開になっていない
  • 文字数がオーバーや不足している
  • 一般論や抽象的な表現に陥っている
  • 自分の経験や主観的な意見を述べている

これらのNG例を避けることで、より高得点の小論文を書くことができます。

小論文が苦手な人の特徴は?

小論文が苦手な人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 文章を書くことに慣れていない

小論文は、文章を書く力だけでなく、論理的に文章を組み立てる力も求められます。文章を書くこと自体に慣れていない人は、小論文を書く際にも苦労するでしょう。

  • 課題文やテーマを理解していない

小論文では、課題文やテーマを正しく理解することが最も重要です。課題文やテーマを理解していないまま書くと、論理的な文章を書くことができません。

  • 自分の意見を明確にしていない

小論文では、自分の意見を明確に述べることが求められます。自分の意見が曖昧だったり、結論がブレてしまったりすると、減点の対象となります。

  • 論理的に文章を組み立てられない

小論文では、論理的に文章を組み立てることが大切です。主張と根拠を明確に示し、論理的に文章を展開することで、説得力のある小論文を書くことができます。

  • 時間配分ができない

小論文では、与えられた時間内に、課題文やテーマを正しく理解し、自分の意見を論理的に展開した文章を書く必要があります。時間配分がうまくいかないと、内容が十分に伝わらなかったり、論理が破綻したりする可能性があります。

これらの特徴に当てはまる人は、小論文対策をしっかりと行うことで、上達することができます。

具体的な対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 文章を書く練習を積む

小論文は、文章を書く力だけでなく、論理的に文章を組み立てる力も求められます。文章を書くこと自体に慣れていない人は、日頃から、ニュースや時事問題について、自分の考えをまとめる練習をしておきましょう。

  • 課題文やテーマを正しく理解する

小論文では、課題文やテーマを正しく理解することが最も重要です。課題文やテーマを理解するためには、何度も読み、内容を理解するようにしましょう。

  • 自分の意見を明確にする

小論文では、自分の意見を明確に述べることが求められます。自分の意見を明確にするためには、課題文やテーマについて、自分の考えを整理するようにしましょう。

  • 論理的に文章を組み立てる練習をする

小論文では、論理的に文章を組み立てることが大切です。主張と根拠を明確に示し、論理的に文章を展開する練習をしましょう。

  • 時間配分を意識して練習する

小論文では、与えられた時間内に、課題文やテーマを正しく理解し、自分の意見を論理的に展開した文章を書く必要があります。時間配分を意識して練習することで、本番でも対応できるようにしましょう。

小論文は、書けば書くほど上達します。日頃から、しっかりと対策をしておきましょう。

まとめ:大学受験の小論文対策|小論文の上達方法は添削と修正が重要!

小論文の上達には、添削と修正が重要です。

添削を受ける際には、以下の点に注意しましょう。

  • 添削を依頼する相手に、自分の志望校や学部を明確に伝える
  • 添削してもらった小論文は、必ず自分の目で読み直して、指摘された点について理解する
  • 指摘された点は、すぐに修正する

添削と修正を繰り返すことで、自分の小論文をより客観的に捉え、改善していくことができます。

具体的には、以下のような点に注意して添削を受けましょう。

  • 課題文やテーマの理解
  • 自分の意見の明確化
  • 論理的な文章の組み立て
  • 表現力

添削を受けることで、自分の小論文の得意な点と苦手な点が明確になります。苦手な点を克服するためには、以下のような方法があります。

  • 書く練習を増やす
  • 参考書や問題集を活用する
  • 小論文講座を受講する

添削と修正を繰り返し、自分の小論文力をアップさせましょう。

具体的な対策例

  • 小論文講座を受講する
  • 塾や予備校の添削サービスを利用する
  • オンラインの添削サービスを利用する
  • 友人や家族に添削を依頼する

自分にとって最適な方法で、添削と修正を繰り返し、小論文力をアップさせましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次